スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名をつけるべきじゃないもの。 



ただの書きなぐり。
意味なんてありません。
見ないほうが吉。笑




















出来るならずっと夢をみていたいんだ。
暖かな温度の湯に浸かって見る夢はきっと心地良いだろう。

でも、僕はワガママだから、暖かい調度良い温度が大キライで。
ただただ、逃げ出しては生温い温度を求めて行く宛ても無く彷徨う。

だけどさ、そうやって独りの時間を作り上げて何になるの。
孤独を偽装してるだけのオママゴトだって。
自分を正当化しなくちゃ護れない。

傷つきたくないなんて誰もが思ってるんだよ。
傷つけたくもないんだ。

でも、世界を作り上げるのは僕自身。
世界を壊すのも僕自身。

ニュースで見る誰かの責任問題も。
(他人のせいにして尻尾巻いて逃げ出して。)

地球を死に追いやる温暖化問題も。
(誰かが何とかするんだと他人任せ。)

目を背けて耳を塞いだのなら確かに僕には関係のないそんな世界も
振り返った時には全部目に見えて広がるんだ。

過去に通じる道は歴史と言う名の1つだけ。
それなのに、どうして前に進む道は枝分かれなんかしてるんだって。

今回もそうなんだって。

答えは出てる。
1つだけ。

でもそのたった1つの答えを選べない僕。

チキンだって罵ってくれたらどんなに楽なんだろう。
誰かに胸のウチを聞いてもらったらどんなに楽なんだろう。

いつもいつだってそう思うけど、結局僕は一人、孤独を選ぶ。

信じて裏切られる事何て何度だってあるし、何度だってあった。
そうして逃げ出して背を向けて何が残ったんだろって。

今、何も残ってやしないと無い胸張って言えるのに。

残るものが怖くて結局同じところをリピートすんだ。
残ってない事が僕の正義なんだって。

自分で離したつもりで、実は離されてる。

そうやって、気づいた時には偽装じゃなくて本当の孤独に出会えるんでしょう。

壊して壊れて作り上げなければただの更地。
そのまま消えてなくなり晴れれば良いのに。

僕の心が晴れれば良いのに。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。